東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

本学の概要

特色ある教育

大学生の就業力育成支援事業

文部科学省「平成22年度大学生の就業力育成支援事業」

東海大学短期大学部による就職支援にかかわる教育的な取り組み、「リフレクションによる就業力形成プログラム」が、文部科学省「平成22年度大学生の就業力育成支援事業」に採択されました。

文部科学省「平成22年度大学生の就業力育成支援事業」について

この公募事業は「各大学・短期大学における、産業界等との連携による実学的専門教育を含む、学生の卒業後の社会的・職業的自立に向けた新たな取組を国として支援する」(文科省資料による)ものです。

東海大学短期大学部の事業名称

リフレクションによる就業力形成プログラム

事業の背景と目的

少子化に伴って大学の全入化が進むにしたがい、全国的に学生の学習意欲の低下や目的意識の希薄化等が指摘されています。また卒業して就業した際にも、早期離職率の上昇など様々な問題が表面化しています。「就業力」とは就職する力だけではなく、社会で継続的に活躍していくことのできる力を指しています。本学の事業は、段階的な教育プログラムを構築し、リフレクション(振り返り)活動を導入することで前述したような就業力を養おうというものです。学生の学習意欲や目的意識を喚起し、より内面化した、柔軟で強靭(じん)な自己形成を行います。社会とのかかわりの中で社会人・職業人として生涯成長できる力を養う考えです。

事業の具体的内容

本学の「リフレクションによる就業力形成プログラム」は、就業力の形成に向けて4つの段階を設定し、それぞれに応じた「段階的プログラム1〜4」を実施するというものです。

「段階的プログラム1」は、新入生および入学が決まった高校生への事前指導を通して職業像を明示し、2年間の学びの動機づけを行います。

「段階的プログラム2」では、本学の基幹科目である「現代文明論」を中核に据え、キャリアサポート科目等も活用しながら、学生は自分が社会の中でどのような立ち位置にいるのかを確認していきます。

「段階的プログラム3」では、就業体験(インターンシップ)を通じて、座学で学んだ専門知識を確認し、それをさらに深めるとともに、社会や職場で求められるスキルについての確認・修得を行います。またインターンシップの事前指導として、企業等の実務者や卒業生(若年就業者)による講義を行い、就職して遭遇すると考えられる様々な現実について、実感をもって認知できるよう促します。

「段階的プログラム4」は、就職1年目の卒業生を対象としたプログラムです。教員による就職先への訪問サポートやリカレント教育を通じて、心理的安定感、自己肯定感の回復を図ります。

今回の事業で特徴的なのは、こうした段階的な活動の中でリフレクションを導入しているという点です。具体的には、ネット上に学生カルテ「e-ポートフォリオ」を構築するほか、卒業生と在学生、あるいは在学生と高校生など異なる段階間での交流を行い、さらには仲間同士でサポートしあう「ピアサポート」を導入します。学生が、自分の成長を常に確認でき、自分を客観的に認識できるように実践していく計画です。

東海大学短期大学部
取組名称:リフレクションによる就業力形成プログラム
取組概要


本取組は、段階的なプログラム実施と学びへのリフレクション(振り返り)を通して、就業力を形成するプログラムである。段階的プログラム1では、目標の明示による学びへの動機づけを目的として入学時に実施し、段階的プログラム2は、総合教育科目により、社会における自己の立ち位置を自覚し、具体的な目標を持つことができるよう、1年時に実施する。段階的プログラム3では、インターンシップや実務家講義等を通して、目標に至るために必要な資質・能力(スキル)を獲得することを目指し、1年後期以降実施する。段階的プログラム4は、訪問サポートやリカレント教育等により、就職1年目既卒者に対する支援として実施し、早期離職者の低減を目指す。これら実施過程全般において、e-ポートフォリオおよび異段階間の交流、ピアパートナー等を活用したリフレクション活動を導入することで、より主体的な意欲と明確な目的意識を持った社会人・職業人の育成を図る。

達成目標・成果等

本取組では、段階的プログラムおよびリフレクションの仕組みにより、学生の意欲や目的意識を喚起し、より内面化した柔軟で強靭な自己形成を行うことにより、社会との関わりの中での、社会人・職業人として生涯成長できる資質能力(就業力)の形成を目指している。この取組を通して、就職率の向上のみならず、昨今課題となっている離職率低減についても成果が挙げられると考えられる。