東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

本学の概要

国際交流

海外研修航海

学園の建学の精神に則り、大学及び3短大の学生が、学園所有の海洋調査研修船「望星丸」を使用して43日間に渡って、諸外国を訪問し、海外の諸文化、諸事情に触れ、国際的な視野に立った人生観、世界観を確立させると共に、船内という限られた環境の中での共同生活を通じ、協調性を養い、より豊かな人間形成をはかることを目的としている。
船上では洋上講座等が開かれ、寄港地についての調査・発表や、クラブ活動、赤道祭等の活動を行う。また、寄港地では地元大学・政府関係者との交流などが行われている。 なお、2015年度は、1名が参加した。


● 2015年度(第47回)の概要

[ 期間 ] 2016年2月23日(火)〜3月27日(日)
[ 航路 ] 清水→那覇→コロール→ラバウル→ポンペイ→清水

東海大学海外派遣留学制度

本学園では、急速な変容を見せている現代社会に対応できるよう、早くから外国語教育を重視するとともに、積極的な国際交流を展開しており、学術協力協定校などに学生を派遣する「海外派遣留学制度」を設けており、短期大学部の学生も利用できるようになっている。

留学生の受入れ状況

留学生は学園の方針のもと、日本で教育を受けた一般学生と同条件で受け入れている。入学後の特別な支援や措置も特に行っていないが、必要が生じた場合は、個別に対応している。
2015年度の在籍者は無かった。

ハワイ英語研修

米国ハワイ州の東海大学パシフィックセンターで、約1カ月にわたり開講される短期留学プログラム。少人数クラスで、現地アメリカ人教師による英会話、日米文化比較、ハワイ事情やホームステイなど国際感覚を身につけるプログラムが用意されている。
なお、2015年度の参加者は無かった。