東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

卒業生の方へ

同窓会

りんどうの会

同窓会は、1967年(昭和42)、生活科学科一期生64名の卒業と同時に設立され、以来東海大学女子短期大学部同窓会として歩み始めました。その後、食物栄養学科・児童教育学科の増設により会員数を増やしながら、1984年(昭和59)より更に商経学科第一部の卒業生を迎え入れ、また1993年(平成5) 3月からは「東海大学短期大学部同窓会りんどうの会」と名称を改めて再出発することになりました。現在では1万4千余名の会員を数えています。

本会は、東海大学短期大学部卒業生(正会員)と、現・旧教職員(特別会員)によって構成され、会員相互の親睦を深め、東海大学短期大学部の発展ならびに地域社会に貢献することを目指すと共に、東海大学学園の一員として、学園の各同窓会及び校友会と緊密な情報交換を行い、これらの会が主催する記念事業、連合同窓会などへの参加を通じて、学園発展のための役割を果たしています。

毎年、静岡市清水で開催される学園の園遊会にはりんどうの会会員も多数参加し、なごやかな親睦の輪を広めています。そのほか、学生行事である柚木りんどう祭・クラブ活動などを後援すると共に、数多くの学校行事に参加しています。

住所等の変更手続きについて

住所などの変更を希望する方は、 下記のFAXシートをダウンロードし、氏名と変更事項等をご記入の上、
03-3485-4939(24時間対応)へお送りくださいますようお願いいたします。

商科同窓会

短期大学部商科(第二部)は、1952年(昭和27)に地域社会の要請に応えて、勤労学生のために夜間の教育機関として当時の清水市駒越に開設されました。 1962年(昭和37)には校舎を現在の静岡市宮前町に移転し、充実した施設と実践的な教育内容により、多くの青年達が集まり社会に貢献できるリーダーとして期待される人材が育っていきました。

商科同窓会は、1954年(昭和29) 3月に第一期生の卒業を機に会員相互の親睦と母校発展に寄与し、あわせて社会に貢献することを目的に設立されました。1999年(平成11) 3月現在の会員数は2,500余名を数えています。

ご支援をお考えの皆様へ