東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

新着NEWS

文部科学省 平成28年度大学教育再生加速プログラム「高大接続改革推進事業」に東海大学短期大学部の取組が採択

 このほど、文部科学省の平成28年度大学教育再生加速プログラム(AP)テーマⅤ「卒業時における質保証の取組の強化」に、本学の取組が採択されました。APは、「高大接続改革推進事業」の一環として、高校や社会との円滑な接続のもと、入り口(入学)から出口(卒業)まで質保証の伴った大学教育を実現するため、先進的な取組を実施する大学を財政支援するものです。APはその名称が示すとおり、大学の教育改革を加速するためのプログラムであり、これまでに各種GP(Good Practice)などに採択され、教育改革が進められている大学・短大等しか応募することができません。今回は、116件の申請に対し、19件が採択(採択率16%)されました。採択期間は4年間となります。

 本取組では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)の3つのポリシーに基づき、卒業段階でどんな力を身に付けたのかを客観的に評価する仕組みや、その成果をより目に見える形で社会に提示するための効果的な手法の開発、また、学外の多様な人材との協働による助言・評価の仕組みを構築する取組を通して、社会的有用性のある専門職人材育成モデルを提示し、他大学でも取り入れられるような先導的モデルの構築を目指します。本学のこれからの取組にご期待ください。

H28年度AP説明資料(東海大学短期大学部)

H28年度AP説明資料(東海大学短期大学部)