東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

新着NEWS

食物栄養学科の出張講義 ―乳幼児の食生活について―

9月19日(火)に静岡県立静岡農業高等学校にて、出張講義「乳幼児の食生活について」を開催しました。高校で家庭科を選択履修し、子どもの発達と保育について学んでいる3年生が、乳幼児期の食事や食育について大学等で学ぶ内容を体験するために企画されました。
 乳幼児に授乳や食事を適切に行うためには、料理の知識や技術を持つことは勿論のことですが、子どもの体と心の発達段階を理解し、それらの変化に気づく観察力や思いやりの心も必要です。講義では、子どもが食べることを楽しむことができる食事とは何かを解説しました。乳幼児の食事にまつわる様々な事故事例も紹介し、食の危険を防ぐために今のうちから知っておくべき知識について触れました。イラストや写真を用いて、乳幼児期の発達に伴う舌の動きの変化や歯が生える時期、手指の動かし方などを解説するとともに、それらに応じた料理を紹介しました。高校生たちは熱心に聴きとり、講師の問いかけに積極的に答え、関心を深めることができた様子でした。
 高校への出張講義のご要望は、食物栄養学科 出張講義担当(054-261-6321)まで、お気軽にお問い合わせください。