東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

新着NEWS

11月25日(土)のオープンキャンパスを開催しました。【児童教育学科編】

 「教員・保育者の仕事」をテーマにした学科説明で、児童教育学科の特徴を理解してもらった後、今、大学の授業で導入されているアクティブラーニングの授業を体験してもらいました。初めて会った生徒同士でグループを組み、自己紹介や「どんな保育者になりたいか」などを発表し合ったのですが、最初は表情も固く、会話もとぎれとぎれでした。でも少しずつ打ち解けて、主体的にそして和気あいあいと授業に参加していました。この体験授業をとおして、教員・保育者として必要となる「表現力」「人間関係力」の重要性も実感できたようです。

 その後は、ちょっと早めですが、クリスマスに向けたクリスマス飾り作り-「一緒に来た友達同士で座ってくれていいので席を移動してもいいですよ」と伝えたのですが、アクティブラーニングをとおして、すっかり距離が縮まったようで、席を移動する生徒さんはなく、各グループに入った在学生とも話しながら、クリスマスツリーや雪だるま、リースなど、思い思いのクリスマス飾りを製作していました。そして、同時進行で、クリスマスキャンパスツアーも行い、在学生と一緒に、キャンパス内に提示された問題を解きながら、キャンパス内を見学しました。クリスマス飾りやキャンパスツアーをとおして、在学生と、実習や授業、学校生活のことなどをいろいろ話して、楽しく盛り上がっていました。また、「教員とのおしゃべりタイム」では、学科や入試などについて、教員とゆっくり話をしてもらいました。

 今回のオープンキャンパスをとおして、教育・保育がどのような仕事なのか、そして本学児童教育学科はどのような学科なのか、学生や教員とのかかわりをとおして、その「雰囲気」まで感じてもらえたようです。