東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

新着NEWS

10月12日(金)に社会教育講座「フードサイエンス~食の扉~」を開催しました

 第17回「フードサイエンス~食の扉~」が本日よりスタートしました。今月は「飛鳥時代より食べ継がれるスーパーフード~海苔~」と題して、「海苔で健康推進委員会」中部ブロックの立石佳太郎さんと、片山正徳さんにご講演いただきました。

 講座では、普段何気なく食べている海苔の知られざる世界として、海苔の歴史、生産工程~流通~消費までを分かりやすく、解説していただきました。また静岡県産の海苔の歴史として、三保のりや浜名湖のりの話もしていただきました。講演後のアンケートでは、「海苔の製造工程が良く分かった」「海苔はビタミンD以外の栄養素が全て入っているスーパーフードとは知らなかった」「静岡県産の海苔があることが知れて良かった」「今まで以上に海苔をたくさん食べたい」など、海苔の魅力について、みなさん再発見されていました。

 次回の「フードサイエンス~食の扉~」は、11月9日に、農林水産省食料産業局食品製造課基準認証室の石丸彰子さんに「JAS制度について-新制度はどう変わった?-」と題してご講演いただく予定です。参加費は無料、事前の申し込み不要の社会教育講座ですので、是非ふるってご参加ください。