東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

新着NEWS

1月11日(金)に社会教育講座「フードサイエンス~食の扉~」を開催しました

  今月は「牛、豚、鶏が食材になるまで」と題して、本学食物栄養学科の佐原啓二教授が講演しました。

 スーパーで美味しそうに陳列されている食肉は、私たちの健康な生活に欠かせない食材ですが、これらが店頭に並ぶ前のことを詳しく知る人は少ないと思います。講演では、と畜検査員・食鳥検査員として現場で経験した立場から、牛・豚・鶏がどのように飼育され短い一生を終え食材となっているのか、これらの現状について大変分かりやすく解説していただきました。

 講演後のアンケートでは、普段知ることのない話が聞けて良かった、畜産物の生産サイクルを知ることができ、あらためて命をいただいているありがたみを感じることができてよかった、などの意見を多数いただきました。

 次回の「フードサイエンス~食の扉~」は2月15日(金)に開催され、「風土と歴史が作り出すチーズの個性」と題して、NPO法人チーズプロフェッショナル協会の坂上あき さんにご講演いただく予定です。参加費は無料、事前の申し込み不要の社会教育講座ですので、是非お気軽にご参加ください。