東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

新着NEWS

3月8日(金)に社会教育講座「フードサイエンス~食の扉~」を開催しました

 今月は「静岡の家庭料理」と題して、本学食物栄養学科の高塚千広准教授が講演しました。

 講演では、静岡の家庭料理について、昭和35年から45年頃の様子に関する聞き書き調査を中心に紹介しながら、静岡の食材を使った家庭のおやつや料理を振り返りつつ、それらを次世代に継承する大切さをお話しいただきました。受講者からは、「とても懐かしい家庭料理があったことが良く分かった」「昔の様に地産地消で季節ごと旬の食材を手作りで食べることはとても大切で、そのような食文化を残していきたい」などの感想を多数いただきました。

 この回をもって、10月から毎月開講してきた第17回「フードサイエンス~食の扉~」は、お陰様で盛況のうちに終了しました。新年度からは第18回「フードサイエンス~食の扉~」として、5月から9月期に開催されます。初回は5月10日に、全国マヨネーズ・ドレッシング類協会より小原 勉さんを講師にお招きし、「マヨネーズ・ドレッシングの商品学」と題して、ご講演いただく予定です。参加費は無料、事前の申し込み不要の社会教育講座ですので、是非ふるってご参加ください。