東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

学科案内

児童教育学科

学びの分野

 新時代に求められる保育・教育の専門家を養成

幼稚園と保育園の一体化、さらに幼保と小学校の連携など、これからの教育・保育の現場は子どもに対して
幅広い知識と資格を持つ人材が求められています。
本学科は、人間の成長に最も重要な時期である、乳幼児・児童期の保育・教育を総合的に学ぶことで、幼稚園教諭免許(二種)、保育士資格、および小学校教諭免許(二種)を同時取得することが可能な全国的にも数少ない短期大学です。
新時代に求められる、保育園・幼稚園から小学校までの教育を統括して理解できる保育者・教育者の養成を目指します。

児童教育学科の特徴
充実の2年間!2教諭免許+1国家資格を取得

本学科では、幼稚園教諭免許(二種)、保育士資格、および小学校教諭免許(二種)を取得。
2年間で同時に取得できる大学は、全国でみてもほとんどありません。

生きた教育を!未来のための実践力を養成

学生一人ひとりに対し、「人間性」「社会性」「専門性」を実践的に学ぶことができる体制を整えています。
そのため、希望する学生すべてが専門職についています。

なりたいになれる!専門職就職率が100%

希望者すべてが保育・教育の専門職に就職。
本学科が目指すのは、教育・保育の仕事をずっと続けられる真の実践力。
就職先からも高く評価され、現在、問題になっている就職後の早期離職もほとんどありません。

卒業後も安心!リカレント(再教育)で支援

大学教員が就職先に出向いてサポート。
また、年2回大学で教育の動向、新しい指導法などを学ぶ、リカレント教育を行い、
常にリフレッシュした教育者、保育者でいられるよう支援します。

教員・保育者養成プログラム
質の高い学びのプログラムが高い評価を受けています

本学科では知識だけでなく、実際に専門職につくためのプログラムを整え、様々なフィールドを設定し、学生の可能性をサポートしています。
各種の実習に加えて、本人の進路希望に合わせ、幼稚園・保育園や小学校などに週1回継続して通う“キャリアインターンシップ”や実際の乳幼児とふれあう“あかちゃんひろば”などを実施。
知識の実践や人間性・社会性、コミュニケーション能力の修得に役立てています。

教員・保育者養成プログラム概念図
面談カウンセリング

学生一人ひとりの個性、特徴を把握し、学習・生活の両面にわたってきめ細かくサポート。実習や就職についても、指導教員がしっかり支援します。

学習成果確認シート

教育者・保育者に必要な資質能力を、人間性、社会性、専門性の観点から9項目に捉え、「達成目標」としてWeb上に明示。学生は、その中から自分の高めたい項目を選択し、重点的に学習・実践活動を行うことで、学生個々に応じた資質能力を身に付けることができます。

e-ポートフォリオ

ポートフォリオとは、学生個々の学習記録や面談記録が記される電子カルテのようなもの。学びや授業でのレポートなどについても、Web上に保存できます。これらを振り返ることで、自己の学びと成長を客観的に捉えることができます。

キャリアインターンシップ

2年生になると、毎週1日、将来の希望に応じて、幼稚園や保育園、小学校、福祉施設へのインターンシップに出かけ、子どもと触れ合います。また、不定期での教育・保育ボランティアも実施。子どもを常に身近に感じることで、教育・保育現場で求められる実践力を身に付けます。

あかちゃんひろば

学内に親子が通う子育て支援施設「あかちゃんひろば」を開設(週3回)。親子に直接かかわるだけでなく、遠隔観察システムを活用した、教員によるライブ解説等を通して、子どもや保護者、保育者の役割について実践的に学ぶことができます。1年後期から参加します。