東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

学科案内

食物栄養学科

カリキュラム

食品栄養学で学ぶことは?

食品材料を調達する際に必要となる知識、食材の化学、衛生上の問題点および経済性について学びます。
さらに、食事(摂食)前の調理・加工・給食から、消化・吸収後の栄養素の代謝過程の理解も必要です。健康面からは、腎臓病・肝臓病・糖尿病等の疾病が食生活と深く関わりがあり、この予防と治療食に関わる領域も学びます。


専門科目
社会生活と健康
● 公衆衛生学A
● 公衆衛生学B
● 社会福祉概論
● 食生活概論
人体の構造と機能
● 解剖学
● 生理学
● 運動生理学
● 病理学
● 生化学A
● 生化学B
● 生化学実験
食品と衛生
● 食品学A
● 食品学実験A
● 食品学B
● 食品学実験B
● 食品学C
● 食品加工学
● 食品加工学実習
● 食品衛生学A
● 食品衛生学B
● 食品衛生学実験
栄養と健康
● 栄養学基礎
● 栄養学応用
● 栄養学実習A
● 栄養学実習B
● 臨床栄養学概論
● 臨床栄養学各論
● 臨床栄養学実習
栄養の指導
● 栄養指導論A
● 栄養指導論B
● 栄養指導実習A
● 栄養指導実習B
● 公衆栄養学概論
給食の運営
● 調理学
● 調理学実習A
● 調理学実習B
● 給食計画論
● 給食実務論
● 給食実務実習A(学外実習)
● 給食実務実習B
● 給食実務実習C
その他の専門科目
● カウンセリング論
● 情報機器操作
● ゼミナール
● 食物と化学
栄養教諭免許科目
● 教職論
● 教育原理
● 教育心理学
● 教育課程総論
● 栄養教育実習指導
● 教職実践演習(栄養教諭)
● 栄養教育実習
● 学校栄養教育論
気になる授業をPickup!

給食実務実習

100食もの食事を実際に調理し、給食実務と大量調理を体験学習します。具体的に体験することで学習していることの意味を理解し、実践力を身につけます。


調理学実習

安全性・栄養性・嗜好性に適した食材の処理法を理解することが調理学です。その理論に基づき、実際に食材の調理特性を活かした調理技術を習得し、実践力を身につけます。
また、栄養士として安全な給食の運営のために、大量調理における食品や調理器具の衛生的な取り扱い方法を修得します。


栄養教育実習指導

栄養教諭を目指す学生に、実践的な経験をとおして、食育の教師として必要な知識や技術、さらに学校現場における教育への意義や使命、心構えなどを学びます。
また、実際に授業を担当する際に必要な学習指導案の書き方、学習の流れ・授業構想などについても学びます。


食品学実験

食品に含まれるタンパク質、糖質、脂質などの量を測定する定量実験と、それらの存在を調べる定性実験を行います。習得するのは、食品成分の分析に必要な基礎的実験のスキルです。
具体的に体感することで学習していることの意味を理解し、実践力を身につけます。


栄養指導実習

教育と指導も栄養士の役割の一つです。
いかにわかりやすく伝えるかを目標に、コンピュータの活用、資料づくりから、発表の仕方など指導技法を習得します。