東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

学生生活

進路について

就職者・進学者の声

卒業生からのメッセージ

加藤 佳斗さん(食物栄養学科 2011年度卒)

就職先

富士産業株式会社

「おいしい」の言葉がうれしい

現在、介護老人保健施設で調理や食材の発注の仕事をしています。
短大時代に調理学実習で学んだ包丁技術が大変役に立っていて、時々職場の先輩から盛りつけなどをほめられることもあります。
社会に出るということは、自分自身に責任を持つということだと思います。
これから短大に入学する皆さんには、予習復習を忘れず、提出物の期限を守るくせをつけておくと良いと思います。
社会に出たらこれが当たり前のことなので。


土屋 亜美さん(児童教育学科 2013年度卒)

就職先

まどか学園 まどか幼稚園

成長する子どもたちの姿に喜び

今、年少組22名の子どもたちの担任をしています。
短大時代に体験してノートに書き留めておいた教材や、自分で考えた「あそび」を子どもたちがとても喜んで、楽しそうにしている姿を見ると、この仕事を目指し、頑張ってきて本当に良かったと実感します。
短大生活の2年間は忙しく、大変なことも多いと思いますが、仲間とともに社会で活躍する自分を描きながら、常に楽しむこと、前向きに考えることで素敵な学校生活を送ることができると思います。

私の就職活動

萩原 佳奈さん(食物栄養学科 2014年度卒)

就職先

株式会社マルハチ村松

「おいしい」の言葉がうれしい

就職活動は、まず業界や企業の情報を集めることから始めました。
会社説明会に多く参加し、先輩の活動や面接内容を参考にするため、学校の就職室も活用しました。
また、面接やエントリーシートなどの作成では、先生方から助言や添削をしていただくなど、多くのアドバイスをいただきました。
自分にあった仕事に出会えた私は、就職活動を通して、社会のマナーやルールを学び、自分自身も成長できたと強く感じています。


太田 静里南さん(児童教育学科 2014年度卒)

就職先

静岡市公立こども園

一人ひとりに親身に対応をしてくれます

保育を一生の仕事としていこうと、公立の保育園を目指し、就職活動を進めていました。
短大では2年の4月から公務員対策講座や面接対策講座などが設けられていたり、先生方から不足している就職試験のための資料を提示していただいたりと、学生一人ひとりに親身な対応をしていただけます。
今は、保育人生をスタートしたばかりですが、これからは子どもたちと一緒に、愛される先生を目指し、自分も成長していきたいと思います。

私の編入学活動

井上 優花里さん(食物栄養学科 2013年度卒)

編入大学

浜松大学 健康プロデュース学部健康栄養学科(現 常葉大学)

先生のアドバイスを活かして夢に一歩

オープンキャンパスで先輩たちの学んでいる姿を見て、将来、スポーツ栄養学を学ぼうと希望してこの短大に入学しました。
入学する前から、自分が進む道のためには、栄養士の資格を取り、さらに短大をステップに編入学しようと決めていました。
大学には一般入試で受験しましたが、先生方からも適切なアドバイスをいただくなど、とても心強く感じました。
今は学んだことを活かせる職業に就く夢に一歩近づいたと確信しています。


瀬戸 花梨さん(児童教育学科 2014年度卒)

編入大学

東海大学 文学部英語文化コミュニケーション学科

先生方の応援に支えられた編入学

入学したときから4年制大学への編入学を考えていましたが、少しその意識が薄れてきた時期、定期的に行われる担当教員との面談や学科の先生方からのアドバイス・応援などをいただいたおかげで、目標の大学に進むことができました。
大学では、得意な英語を追求し、中高の教職に就けるよう頑張っています。東海大学は各国からの留学生も多いので、もっと交流の機会を多く持ちたいと思っています。