東海大学短期大学部・静岡

文字サイズ

保護者の方へ

各種情報

後援会について

東海大学短期大学部(静岡)後援会とは

東海大学短期大学部(静岡)後援会は、本学の在校生の保護者で組織され、保護者のご協力と相互理解をもとに、大学と家庭とが密接な連携を保って、学生の教育環境充実のためのサポート活動や、 大学と地域社会との架け橋を行なうなど、大学の教育事業を支援し、大学の発展に寄与することを主旨としております。

後援会の活動

「後援会総会」(毎年8月下旬開催)では、学校の近況報告を聞くことができます。
なお、総会終了後は、個人面談にてご子女の成績、就職、学生生活について聞くことができます。

「柚木りんどう祭」(毎年11月初め開催)では、模擬店を出店するなど、学生の活動を後援しております。

後援会の運営のために役員会を組織し、役員を中心に入学式や学位授与式等、学校行事に参加しております。

東海大学短大連合後援会

東海大学では、1958年(昭和33)熊本・鹿児島・宮崎・大分の各県で大学後援会が結成され、これが契機となり創立20周年を迎えた1962年(昭和37)、 全国の都道府県別に後援会を結成することになりました。

この後援会は、大学・短大の学生の父母を組織化し、大学と父母とが常に密接な連絡を保って子弟の学生生活、学習の指導につとめるとともに、学生・父母および同窓生を一体として学園の向上、発展に貢献しよう、という趣旨のもとに生まれました。そして各地区に役員が置かれ、毎年各地区で夏期休暇中に総会が開かれます。総会には、大学から教職員が出席し、大学の現況、学生の学習・生活状況などについて報告、質疑・懇談が行われ、大学の運営・改善についても積極的に参画し、大学と相携えて建学の理想追求と、その実現・達成に努力しています。

現在、医療技術短期大学・福岡短期大学を含めた三短大で短大連合後援会として活動しています。

ご支援をお考えの皆様へ